PLAY SPACE a-frag

テレビゲーム、ボードゲーム、カードゲーム、ポータブルゲーム、スマホゲーム、自由に遊べる空間を提供します! ●錦糸町北口徒歩3分 ●1日利用1500円 ●ゲーム貸出無料 ●WiFi使用可

ドミニオンカードレビュー【基本】

スポンサーリンク

「ドミニオン2ndエディション」日本語の版発売予定の話が全然聞こえてこないので、カードレビューでもして待つか・・・

 

ドミニオンカードレビュー【基本】

冒険者(Adventurer)

種類:アクション

コスト:6金

あなたの山札から財宝カード2枚が公開されるまで、カードを公開する。
公開した財宝カード2枚を手札に加え、他の公開したカードは捨て札に置く。

 

2ndエディションで見事リストラされ「公式的に使えない子」と認定された、能力的には投機より強いはずなのにコストが1高いのとアクションカードであるというだけでここまで弱くなるものなのか・・・

 

役人(Bureaucrat)

種類:アクション

コスト:4金

銀貨1枚を獲得し、あなたの山札の上に置く。
他のプレイヤーは全員、自分の手札から勝利点カード1枚を公開し、自分の山札の上に置く。
(手札に勝利点カードがない場合、手札を公開する。)

 

「銀貨をデッキトップに乗せる、それだけ!!」それで十分なら買えばよい、アタック効果はほんの少しデッキ回転速度を遅らせるくらいで、次ターンの実質的なハンデスについては使っている自分も同じなことに注意 

 

地下貯蔵庫(Cellar)

種類:アクション

コスト:2金

+1アクション
手札から好きな枚数のカードを捨て札にする。
捨て札1枚につき、カードを1枚引く。

 

揃えたいカードを揃えます!!村系カードとドロー系カードとか、宮廷と他のアクションカードとか、宝の地図とか、揃えて使いたいカードを上手く手札にくるように調整ができる

 

ハンデスにはめっぽう弱いが逆に手札を増やせるカードとは相性が良い、手札を増やしつつアクションの維持できる助言者あたりはなかなかいいコンビ

 

宰相(Chancellor)

種類:アクション

コスト:3金

+2コイン
あなたの山札のカードすべてを、即座に捨て札に置くことができる。

 

3ターン目にそこそこのお金と一緒に来ると強いよ、5コス、6コスのカードがすぐに使えるかもよ、でも「ゴミあさり」とかいう圧倒的上位互換カードあるよw

 

そりゃクビになるわな・・・ 

 

礼拝堂(Chapel)

種類:アクション

コスト:2金

あなたの手札から最大4枚までのカードを、廃棄する。

 

超優秀な圧縮カード、ステロでコインプレイに走っても十分強いし、コンボデッキを組むのにも礼拝堂による圧縮は超有能、こんなん2コスとかどう考えてもおかしい、5コスでも全然買いたい 

 

議事堂(Council Room)

種類:アクション

コスト:5金

+4カードを引く
+1カードを購入
他のプレイヤー全員は、カードを1枚引く。

 

あなたの逃げ切り手伝います!! 先行しているプレイヤーが使うと他人にカード引かせる効果でさらに逃げ切りやすくなります、逆に後れをとっているプレイヤーはちょっと使いづらくなるかな、相手の増えたカードを「民兵」あたりで削れると強い

 

祝宴(Feast)

種類:アクション

コスト:4金

このカードを廃棄する。
コスト5コイン以下のカード1枚を獲得する。

 

5コストで欲しいカードが2枚以上あるときに銀貨ー祝宴から、3ターン目&4ターン目で5コストのカードを2枚取れると強いが成功率はそんなに高くはない、どうしても3ターン目 or 4ターン目に欲しい5コストのカードが1枚の場合(魔女など)は普通に生産力を上げて買いに行った方が良い、銀貨-銀貨で入って5金出せなかったら一回お祓いに行くべき(⇦私ですw)

 

2ndエディションでは差し替え対象になりました

 

祝祭(Festival)

種類:アクション

コスト:5金

+2アクション
+1カードを購入
+2コイン

 

すんげー使いづらい、2コイン&1購入しか活かせなかったらただの「木こり」、問題は+2アクションをどう働かせるか、しかしそれだけなら今度は1ドロー出来る「村」のほうが圧倒的に使いやすい、強圧縮や引ききりでどちらも活かせれば強いのだが、そもそも引ききりデッキにほんとうに必要になるかは微妙

 

「念視の泉」、「寵臣」、「策士」あたりと相性良し、後は手札が○枚になるまで引ける系のカード「書庫」、「望楼」、「よろずや」等と一緒に来れば強いかな、とにかく単体でのカードパワーとしてはコスパ最低クラス 

 

庭園(Gardens)

種類:勝利点

コスト:4金

あなたの山札のカード10枚(端数切り捨て)につき勝利点1を得る。

 

属州場ならまず意識しなければならないカード、仮に3点にしかならなくても1人に12枚取られたら36点で属州6枚分、庭園ルートなら4点~5点を目指すだろうから大抵それ以上になる、4人戦の場合だれが庭園ルートにいくのか、誰が属州ルートを目指すのか、属州側は庭園を何枚ほどカットすればよいのか、しっかりと考えてからゲームを開始する必要がある

 

「工房」等のカード獲得系カードや+購入権はもちろん、「泥棒」、「道化師」、「物乞い」なども大量にデッキを増やしつつ4金を維持しやすいので相性良し

 

研究所(Laboratory)

種類:アクション

コスト:5金

+2カードを引く
+1アクション

 

「研究所」で繋いでターミナルを打つという使い方がわかりやすく初心者でもやりやすいプレイなのでおすすめ、圧縮をかけるほどドローの価値が上がるのはドミニオンの基本理念、自分のデッキの2ドローの価値次第では金貨より優先度が高くなる

 

書庫(Library)

種類:アクション

コスト:5金

あなたの手札が7枚になるまでカードを引く。
この方法で引いたアクションカードを脇に置いてもよい。(7枚には数えない。)脇に置いたカードは、このアクションの後、捨て札にする。

 

手札を減らせるカードと使えって書いてあるね、手札を減らせるカードについては「従者」「祝祭」「オアシス」「倉庫」「採集者」・・・、山ほどあるね、もちろん「民兵」などのハンデス対策としても機能する

 

市場(Market)

種類:アクション

コスト:5金

+1カードを引く
+1アクション
+1カードを購入
+1コイン

 

高コストな器用貧乏カード、買う場合は購入権目的になることがほとんど、むしろそれ以外で買うのは弱い、しかしキャントリップ&購入権カードは珍しいので「街道」や「行商人」との相性は良い、特に「街道」は軽圧縮カードがあれば十分ビッグブリッジ狙える

 

民兵(Militia)

種類:アクションーアタック

コスト:4金

+2コイン
他のプレイヤーは全員、自分の手札が3枚になるまで捨て札をする。

 

民兵?強いよね、序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ、でもおいら負けないよ、移動動物園の躍動するおいらのドミニオンをみせたいね

 

初手で買えて序盤から終盤まで常に活躍できるハンデスカード、普通に強いが「移動動物園」はもちろん、「書庫」「よろずや」「望楼」のような手札○枚になるまでドロー系カードがある場合はカウンターに注意

 

鉱山(Mine)

種類:アクション

コスト:5金

あなたの手札の財宝カード1枚を廃棄する。
廃棄した財宝よりもコストが最大3コイン多い財宝カード1枚を獲得し、あなたの手札に加える。

 

「金貨」⇨「白金貨」は強い、「銀貨」⇨「金貨」は普通、「銅貨」⇨「銀貨」は弱い、以上! 他の5コス系と比べるとかなり見劣りすることが多いカード

 

堀(Moat)

種類:アクションーリアクション

コスト:2金

+2カードを引く
-------------------------
他のプレイヤーがアタックカードを使用した時、手札からこのカードを公開できる。
そうした場合、あなたはそのアタックカードの影響を受けない。

 

2人戦で買うことはほとんどないかな、「堀」の効果は一周で何度守ったかで価値が変わるので4人プレイで真価を発揮しやすい、特に4番手は相手が何を買うのか(買おうとしているのか)が読みやすい為「堀」の価値を検討してから購入しやすい、仮に残りの3人全員が「魔女」を打ったラウンドで防衛できれば全員と「呪い」2枚差がつく

 

とはいえ「魔女」を普通に打つだけで1枚差をつけれることを考えると、防御一辺倒なスタイルはあまり得策ではない、「守るより攻めろ!殴られる前に殴れ!」これがドミニオンにおけるジャスティス!

 

金貸し(Moneylender)

種類:アクション

コスト:4金

あなたの手札から銅貨1枚を廃棄する。
そうした場合、+3コインを使用できる。

 

初手で買えてこの能力、序盤でやりたい2つのこと「圧縮」と「生産力」を同時に解決してくれる単体パワーの強いカード、さらにもう一つの「デッキ回転」までもを可能にしたのが「仮面舞踏会」とかいう壊れカード

 

改築(Remodel)

種類:アクション

コスト:4金

あなたの手札のカード1枚を廃棄する。
廃棄したカードよりコストが最大2コイン多いカード1枚を獲得する。

 

まず「改築」はコインプレイより遅いということを知ろう、一番のネックは3,4ターン目の生産力が下がるという点、5コストのカードが欲しい場合は「改築」から入るのは危険だ、デッキの3順目に有能な5コストが入っているかいないかはスピード勝負になる場では致命的になる

 

逆に「呪い」や「廃墟」が撒かれたり、ハンデスが飛び交ったりする俗にいう「荒れ場」ではゲームの展開が遅くなり「改築」が間に合う

 

鍛冶屋(Smithy)

種類:アクション

コスト:4金

+3カードを引く

 

強ドローカード全般に言えることだが相性が良いのは財宝カード、もちろん村系カードから引ききりやコンボも狙えるがその場合圧縮は不可欠

 

密偵(Spy)

種類:アクションーアタック

コスト:4金

+1カードを引く
+1アクション
各プレイヤー(あなたも含む)は、自分の山札の一番上のカードを公開し、そのカードを捨て札にするかそのまま戻すかをあなたが選ぶ。

 

4コストでキャントリップ&ちょっとした嫌がらせ程度のあんまり使えないカード、自分の山札から勝利点を捨てられれば研究所だったとも思える、デッキ操作が出来るので「詐欺師」「道化師」や「秘術師」あたりとのシナジーはある

 

こちらも2ndエディションでの差し替え対象です

  

泥棒(Thief)

種類:アクションーアタック

コスト:4金

他のプレイヤーは全員、自分の山札の上から2枚のカードを公開する。
財宝カードを公開した場合、その中の1枚をあなたが選んで廃棄する。
あなたはここで廃棄したカードのうち好きな枚数を獲得できる。
他の公開したカードはすべて捨て札にする。

 

初手で買っても相手の圧縮手伝うだけなのでクビになりました、「庭園」「シルクロード」などの特殊勝利点との相性は素晴らしいのだが・・・、一応強圧縮のコインデッキには刺さりやすい

 

玉座の間(Throne Room)

種類:アクション

コスト:4金

あなたの手札のアクションカード1枚を選ぶ。
そのカードを2回使用する。

 

強いカードだが、圧縮をかけるか「地下貯蔵庫」や「厩舎」などで手札に使いたいアクションカードと一緒に揃える工夫が必要になる、村系カードがなくても「玉座の間」⇨「玉座の間」⇨「鍛冶屋」⇨「玉座の間」⇨「鍛冶屋」⇨「玉座の間」⇨「アクション」「アクション」 というふうにコンボが組める

 

村(Village)

種類:アクション

コスト:3金

+1カードを引く
+2アクション

 

いわゆる村系カードと言われるものの由来になったカード、コンボデッキにはほぼ欠かせない存在、圧縮もせずに適当にアクションカードを買いまくって「村」を買ってもそうは上手くいかない、コンボデッキを組むならしっかりとした計画を

 

魔女(Witch)

種類:アクションーアタック

コスト:5金

+2カードを引く
他のプレイヤーは全員、呪いカードを1枚ずつ獲得する。

 

最強最悪のアタックカード、有効な対応手段がない限り打つ側に回らなければまず勝てない、一枚ずつ廃棄するようなカードでは対応しきれないので自分もしっかりと「呪い」を配ろう

 

木こり(Woodcutter)

種類:アクション

コスト:3金

+1カードを購入
+2コイン

 

低コストで買える+購入権として基本セットなら庭園場で活用できるが、現環境には対応しきれずリストラ 

 

工房(Workshop)

種類:アクション

コスト:3金

コスト最大4コインまでのカード1枚を獲得する。

 

いうまでもなく欲しい4コスト以下のカードがたくさんある場で活躍、3ターン目4ターン目も3コス4コスを取り続けるなら欲しい、逆にデッキ3週目(5ターン目以降)に間に合わせたい5コスのカードがある場合は足枷になる、アクションも維持しつつターミナルに「工房」が使える「街道」との相性は良い

 

ドミニオン 日本語版

ドミニオン 日本語版

 
 
ドミニオンマニアックスSpecial

ドミニオンマニアックスSpecial